着る「猫が行方不明」もしくは着る京菓子

 

京都のいこさんから宅急便届きました。中身はお願いしていた「猫が行方不明」sweatshirt! 連載第4回のビジュアルをプリントしたもの。

 

連載「彼方からの(甘い)便り」第4回

http://cinemastudio28.tokyo/happyhourfromkyoto_004

 

いこさんの趣味の店で売られているのは白のLサイズ。私はビッグシルエットが悲しいぐらい似合わないので、マイペースに黒のSサイズで別注をお願いしました。

 

趣味の店

https://iiiiiqc.theshop.jp/

 

見るたびに在庫がどんどん減ってるってことはこのsweatshirtを着てこの秋を過ごしている人があちこちにいるってこと…⁈なんて素晴らしい!

 

 

28スタッフTとして発注し、みんなの希望を聞いてもらったので、デザイナーあずささんはヘザーグレー、りえこさんは白と見事にみんなバラバラ。りえこさんが着るってことはsweatshirtが海を渡りはるばるLAで着られるってことね。そう妄想すると、形あるモノって意外なところにも流れ転がっていくのが面白いな、と思う。

 

私の野望は、いつかセドリック・クラピッシュに会う日があるなら、いそいそとこれを着て、これ、あなたの「猫が行方不明」にちなんで作られたんですよ!って伝えることです。は?どこが?って、さぞかしポカーンとされることでしょう。

 

 

いこさんの新作zineも同封されてました。zineのテーマは「和田夏十の本」のホン。和田夏十さんは市川崑監督の奥様で、脚本家。私もしかして市川崑監督が好きというより、和田夏十さんのファンなのかもしれないなぁ、と思うことあります。

 

こちらのzineは、禁酒法時代のウィスキーを求める客のように、「あの…あれ…あの青いやつってある…?」って小声でいこさんに話しかけたら分けてもらえるそうですので、是非気軽にトライしてみてください。zine「あすとれあ」についてはこちら。

 

http://iqc195.blogspot.jp/2017/10/blog-post_28.html

 

 

これらが入った段ボールが謎めいていた。大山!謎めいた段ボールが届きがちな今年である。

 

 

こちらは夏に実家から届いた謎めいた段ボール。何を買ったらこれを…?と思ったら、父が錦鯉を買ったらしい。ネット通販で。錦鯉って段ボールで届くんだね。そして謎めいた父よ。

 

着る「猫が行方不明」もしくは着る京菓子、28グッズでもあります。是非チェックしてみてください!

 

1 / 11

【about】

Mariko
Owner of Cinema Studio 28 Tokyo
・old blog
・memorandom

【archives】

【recent 28 posts】