師走の足音

 

気温がぐっと下がって、12月の予定がどんどん埋まる。年始に京都で食べた蒸し寿司、お寿司、蒸して美味しいのかな?って思ってたけれど、これが美味しかった。暖かいものを身体が欲していて、冬だなぁ。

 

12月の映画館の番組もチラホラ出始め、早稲田松竹の「軽蔑」「フェイシズ」の組み合わせ、最高!

 

http://www.wasedashochiku.co.jp/lineup/schedule.html

 

これで決まりだな、と思っていたけれど、シネマヴェーラの年末年始は毎年クラシック映画…と調べてみたら、今年はヒッチコックだった。こちらも捨てがたい。未見だけれどラインナップにある「ふしだらな女(1928年)」ってノエル・カワードの舞台の映画化なのか。ルビッチ「生活の設計」もノエル・カワードの舞台の映画化なので気になるけれど、あらすじの「アル中夫から不倫を疑われ離婚訴訟に敗訴した女性が、傷心旅行中にイギリスの御曹司から求婚され…。 世間から“ふしだらな女”の烙印を押されたヒロインの涙にぬれたクローズ・アップが痛ましい」って、ルビッチだったらコメディにしそうな設定で、「痛ましいヒロイン」なんて逆立ちしても描かなさそうなものを、ヒッチコックだからまるで違う映画になるんだろうなぁ。あまり良い気分にはならなさそうだけれど、怖いもの観たさでちょっと観てみたい。

http://cinemavera.com/preview.php?no=199

 

去年の映画納めはシネマヴェーラで「教授と美女」、今年の映画初めは京都・立誠シネマで濱口竜介監督「THE DEPTH」だった。毎年、映画納め、映画初めは慎重に選んでいる。もう少し情報を集めてみようっと。

 

1 / 11

【about】

Mariko
Owner of Cinema Studio 28 Tokyo
・old blog
・memorandom

【archives】

【recent 28 posts】