東京は秋

 

しばらく日記を書かないうちに、東京はすっかり秋。

 

2年半使ったiPhoneSEが限界を迎えつつあったので、iPhoneXSを手に入れてみたら、目を見張るカメラの進化。自分の目が2年半更新されていなかったような気になった(目ごしごし)。ちゃんとしたカメラを使いたい気持ちはあるけれど、手も鞄も小さい私には、必要十分ではなかろうか。カメラにも個性があるとして、iPhoneXSで撮る東京は、私が肉眼で見ている普段の東京を過不足なく記録してくれるように思う。カメラが味を出して、確かに綺麗だけれどこれは私の見ているものではない、という写真を生成することってままあるものね。

 

 

そんな気分で日比谷を歩くと、東京はもう映画祭モード。今月下旬から開催される東京国際映画祭、この週末にチケット確保。脆弱なチケットシステムに映画好きが苛立ち溜息をつくことすら、もはや秋の恒例行事感が漂うけれど、どうしてチケットぴあやセブンチケットなど外部に委託しないのかな?と考えてみて、「国際」映画祭だからこそ、海外からのアクセス、チケット購入に耐えられるシステムにしておく必要があるのかな、という考えに至った。チケットサイトがすべて二ヶ国語表記で、入力する情報も海外在住者でも購入できる内容。台北映画祭は「国際」映画祭ではないからか、台湾のローカルなチケットサイト経由での購入で、台湾で有効な携帯番号が必要…というところまで中国語を解読した後に事務局に問い合わせもしたけれど、残念ながら日本からチケット購入する術はない、と返事が来た。

 

例年であれば映画祭サイトや矢田部さんのブログを読み込んで、じっくり観る映画を選ぶところ、今年はあっさりと気分で選んでみた。阪本順治監督『半世界』を狙ってみたけれど、稲垣吾郎さんの国民的知名度の壁に阻まれ撃沈。タイで公開されて気になっていた『BNK48: Girls Don’t Cry』は無事確保。

 

https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CCA01

 

BNK48のことはさっぱり知らないけれど、この監督のファンなのです。もしかして48グループのファンの熱い壁に阻まれチケット取れないかな?と不安だったものの、あっさり買えた。

 

そして11月の東京フィルメックスはホン・サンスが2本!と教えていただいた。ラインナップ発表されたことも見過ごしていた。

https://filmex.jp/2018/

 

私と同じく療養していたこのサイトも、そろりそろりと再開します。体調を心配してくださったり、更新されないサイトにアクセスしてくださっていた皆さま、ありがとうございました。映画の秋を楽しみましょう!

 

 

1 / 3312345...102030...最後 »