memorandom.tokyo新連載スタート

 

webマガジン memorandom.tokyoで新連載スタートしました。タイトルは「One book, One movie」。

 

http://www.memorandom.tokyo/

 

映画関連本も原作本も登場しない、映画と本のお話。意外な映画と意外な本が手を繋ぐこともあるかもしれません。

 

あれ?と思われた28読者の皆さま、そうです。Cinema Studio 28 Tokyoで小栗誠史さんに連載いただいている「One movie, One book」と切り口が同じ。

 

映画も本も広く深い海のようにざぶざぶとしたもので、飛び込んでどんな貝殻を拾ってくるかは潜る人次第。2つのサイトの2つの連載、どちらもお楽しみいただければ嬉しいです。

 

小栗さんの第1回はこちら。私の第1回とは映画がどちらもアメリカのドキュメンタリーという点だけ共通していました。

http://cinemastudio28.tokyo/onemovieonebook_001

 

そして小栗さんのお店、鎌倉にある古書ウサギノフクシュウ、10/29、今週日曜に残念ながら閉店してしまいます。ウサギファンの皆さまも、ウサギ未踏の皆さまも、あの場所がなくなる前にどうぞお出かけくださいませ。

 

One book/One movie、タイトルを反転させるアイディアは、ふと思いついたようで、振り返ってみるとホン・サンス「今は正しくあの時は間違い」から影響を受けているのではないかしら。

 

http://2015.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=155

 

この映画、前半と後半、同じ設定、同じ登場人物の物語が反復するけれど、些細なズレによって違う結末に至るのです。それぞれの冒頭に差し込まれるタイトルが「今は正しくあの時は間違い」「あの時は正しく今は間違い」ってハングルで書かれているらしく。

 

と、いろんな映画の話をしてしまったけれど(映画祭期間中だし!)、ふたつの連載、お楽しみいただければと思います。

 

 

ベッドの上のビートたけし、渋谷のワイズマン。

1 / 11

【about】

Mariko
Owner of Cinema Studio 28 Tokyo
・old blog
・memorandom

【archives】

【recent 28 posts】