ポロシャツ

 

去年の秋、山形国際ドキュメンタリー映画祭に行った時、はるばる遠くまでドキュメンタリー映画祭に来ておきながらなんですが、きっとドキュメンタリーばかり連続して観るのは私の好みに合わないだろうからって、息抜き息抜きって、山形駅を超え、ソラリスという名の映画館で、レイトショーで「アウトレイジ最終章」を観たの最高だったな。あの日が公開初日だったはず。旅先で観るヤクザ映画の染みること。

 

大杉漣さんの映画、最後に観たの何かなぁ…と思い出して、あの山形の夜のアウトレイジだった。あの映画、あのメンツの中での敢えてのポロシャツ姿。何気ないけど印象的な衣装とはあのことだ。亡くなったなんて、まるでピンとこない。

 


 

と、書いて1時間ほど別の作業をしていたらメールが舞い込む。古い友人からで、大杉漣さんが亡くなったと聞いて驚き、ショックを分け合おうと思ってメールした、とのこと。私が大杉漣さんについて熱く語っていたのを印象的に覚えていたらしい。熱く語った記憶がさっぱりない…人に与える印象とは不思議なものですね。けれど、大好きな俳優さんでした。私にはやっぱり北野映画の印象が強いです。

 

1 / 3123