ハラハラ

 

土曜夜の部屋のスクリーン。カーリング!

 

ウディ・アレン「マッチポイント」ってテニスコートでボールがネットに当たって、向こうに落ちるかこちらに落ちるかで人生の勝敗が決まる、みたいな物語だったように記憶しているけれど、カーリングのラスト、あの映画を思い出すものがあった。初めてじっと試合を眺めてみたけれど、最後までルールはさっぱりわからなかった。けれど、見続けてしまうビジュアルの面白さがある。次の冬季五輪までにはルールを把握しておこうと思う。

 

 

1 / 11

【about】

Mariko
Owner of Cinema Studio 28 Tokyo
・old blog
・memorandom

【archives】

【recent 28 posts】