日比谷

 

行動と静止のバランスを著しく欠いた数ヶ月を過ごし、ようやく本調子に戻ってきた。まるで東京には早稲田松竹しか映画館がないような映画鑑賞行動をとっておったが、久しぶりに日比谷へ。と言っても、東京ミッドタウン日比谷の中のTOHOシネマズにはまだ足を踏み入れておらず、シャンテへ。

 

地下からシャンテへ抜けようとしたら、以前、ゴジラ像のあった合歓の広場の床面に設置されていた映画スターの手形は地下の壁面に移動していた。ドラちゃんも足元に見下ろしていたけれど、目線より高い位置に。トム・クルーズの横、偉大なる映画スター。

 

合歓の広場にあったゴジラ像はどこに?と思えば、TOHOシネマズ日比谷に移設され、シャンテ前の広場(日比谷ゴジラスクエアという名前になったらしい)には新・ゴジラ像が設置されたのだとか。新・ゴジラ像、待ち合わせに良いかもしれない。

 

https://eiga.com/news/20180322/9/

 

まだまだ新・日比谷の全貌を把握しておらず、困惑する日々は続きそう。

 

逃した映画を追いかけているうちに、新しい映画がどんどん封切られ、時間が足りない。ついでにシネスイッチ銀座まで歩き、今週土曜公開の『ファントム・スレッド』も早速、予約してきた。

 

1 / 11