#008

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』

Exit Through the Gift Shop

※日本語の後に英語版が続きます。English follows Japanese.

第4回 moonbow cinema を開催したのは2016年7月30日。暑さを吹き飛ばすような痛快な作品として、バンクシー(*1)監督のドキュメンタリー作品『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』(*2)を上映しました。2011年夏の日本劇場公開時、渋谷シネマライズ(*3)で大爆笑し気分爽快になった記憶があり、心身共に涼しさが増すような上映会にすべく、会場選びを行いました。

バンクシーが潜んでいるかのような雰囲気が決定打となった会場は、渋谷の雑居ビル。立地はヒューマントラストシネマ(*4)向かいで、表通りに面した1階にはお洒落なカフェがある中心部ですが、1歩ビルの中に入るとやや肝試しをしているような、金属製の扉の間を恐る恐る奥まで進んで行く緊張感がある建物でした。

上映会当日に作品ミニ解説を行うために、バンクシーや本作品の調査を実施。ちょうどこの年の5月、映画『エクス・マキナ』(*5)紹介記事を執筆した際、公開された記事(*6)に対する反応の大きさから、制作から公開までの時間軸を整理・理解することで皆さんの作品との距離が近くなることを実感していたこともあり、一層リサーチに熱が入りました。バンクシーに関するインターネット記事が数多あることにも助けられ、2011年初めに本作品がアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされるまでの出来事を整理しました。

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』とバンクシーの活動を調べると、作品の撮影はバンクシーが世界的に取り上げられる前、1999年から開始されていること、バンクシー作品が予想5倍、2億円を超える価格で落札されたのはリーマン・ショック前年の2007年であることなど、この作品が世界の浮き沈みを冷静に俯瞰し時に嘲笑する姿が浮かび上がってきました。また、世界初公開はサンダンス映画祭であり、会場にはジャレッド・レト始め多くの映画関係者も私的に参加していたことなど、公開当時のアメリカでの反応も大いに興味深いものでした。

この上映会後、映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』(*7)に関する記事を執筆する中で、一映画作品が世界の映画祭を巡ってゆく様子を辿ることになりました。その中には間も無く開催される海外の映画祭もあり、ある作品に対する世界の高揚感が高まる中で味わいたい気持ちが抑えられず、海の向こうまで映画に会いに行くことにします。(つづく)

4th moonbow cinema was held on July 30th, 2016, middle of summer in Tokyo. I selected a documentary film directed by Banksy (*1) , Exit Through the Gift Shop (*2) as a black comedy movie to beat the heat. When the film was released in theaters in Tokyo in summer 2011, I saw this film at Cinema Rise (*3) and laughed a ton. With my personal memory, I started looking for a location where participants would feel refreshed.

The location I selected is an old building where I felt the possibility of Banksy’s existence. The building was in the middle of Shibuya. Across the street there is Human Trust Cinema (*4) . On the ground floor of the building, there is a trendy cafe. Regardless of external environment, once you enter the building, you feel somehow intense atmosphere as if you were watched by ghost as walking down between metal doors.

To give small talk about the film, I did research about the film as well as Banksy himself. Earlier that year, I wrote an article about Ex Machina (*5) . The reaction to my article (*6) were more than expected. From this experience, I learned that to understand the timeline of movie’s production makes film and audience closer and do research with more passion. I consolidated events happened until the movie was nominated to 83rd Oscar with many articles on the web.

Through research, I learned that the filming of this movie was started in 1999, a few years before Banksy is known internationally. In 2007, a year before Lehman Brother’s collapse, a work by Banksy was sold by more than 2 million dollars, five times more than expected. Through these events, I started understanding how this movie oversee world’s reactions to Banksy and how he recognize and laugh about the world. The other interesting point I learned is the reaction in US when the film was premiered at Sundance Film Festival where Jared Leto and other industry celebrities attended personally.

After 4th moonbow cinema, I wrote another article about Seymour: An Introduction (*7) . Researching the background of this film taught me the flow of film festivals over a year. One of them was just approaching. I started to feel that I want to meet movies while world’s excitement is raising. I made decision to visit abroad for a film festival.  (To be continued.)

information

(*1)
バンクシー
イギリスの覆面アーティスト

Banksy
an anonymous England-based artist

(*2)
『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』
(2010年、米国・英国)
監督:バンクシー

Exit Through the Gift Shop
(2010, US, UK)
Director: Banksy

(*3)
シネマライズ
(2016年1月7日閉館)
東京都渋谷区宇田川町13-17

Cinema Rise
(Closed on January 7th, 2016)
13-17, Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo

(*4)
ヒューマントラストシネマ渋谷
渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル7・8階

Human Trust Cinema Shibuya
7 and 8th floor, Cocoti building, 1-23-16,
Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo

(*5)
『エクス・マキナ』
(2015年、英国)
監督:アレックス・ガーランド
出演:ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル、
オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノ

Ex Machina
(2015, UK)

Director: Alex Garland
Cast: Domhnall Gleeson, Alicia Vikander,
Oscar Isaac, Sonoya Mizuno

(*6)
「欧米でカルトヒットのAI映画
『エクス・マキナ』の知っておきたい総ての事」
2016年5月24日掲載

an online article by moonbow cinema
about Ex Machina
(Japanese only)
http://www.webdice.jp/dice/detail/5120/

(*7)
『シーモアさんと、大人のための人生入門』
(2015年、米国)
監督:イーサン・ホーク

Seymour: An Introduction
(2015, US)
Director: Ethan Hawke

text & photo

維倉みづき

移動式映画館『moonbow cinema』主宰

Mizuki Ikura

Founder, moonbow cinema