#009

『2016年トロント映画祭』

Toronto International Film Festival 2016

※日本語の後に英語版が続きます。English follows Japanese.

2016年8月、映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』(*1)に関する記事(*2)を執筆した際、作品が世界にお披露目された経緯を追う中で、テルライド映画祭の存在を知りました。米国コロラド州ロッキー山脈の中腹、標高2,700mにある街テルライドで、毎年9月第1月曜日の祝日「レイバー・デー」の3連休に開催される映画祭です。上映作品の発表は開催初日まで非公開ながら、直近8年間のアカデミー賞作品賞受賞作品のうち7作品はテルライド映画祭で世界初、あるいは北米初公開されているという事実にも惹かれました。ゲストも豪華で、同時期に開催されているベネチア映画祭(イタリア)からやって来て、テルライドの次は9月中旬のトロント映画祭(カナダ)に移動する人たちがいる映画人大移動の流れを垣間見ました。

9月になり、テルライド映画祭に関する記事を追っていると、世界初披露された途端、SNS上にただならぬ熱量に包まれて登場した作品がありました。それが翌年3月にアカデミー賞作品賞を受賞することになる『ムーンライト』(*3)です。映画批評というよりも、家族の誰かが成功したような温かさがありました。ただ、監督も長編2作目(前作は8年前)、出演者もナオミ・ハリス以外に映画では見たことがなく兎に角情報が少なく、その温かさの理由に触れることができないもどかしさを覚えました。調べるとトロント映画祭でも上映される様子。トロント映画祭の他ラインナップをみると、ベネチアとテルライド両方で上映され、往年のハリウッドミュージカル復活として讃えられているデイミアン・チャゼル監督『ラ・ラ・ランド』(*4)、ベネチアで監督賞を受賞したトム・フォード監督『ノクターナル・アニマルズ』(*5)なども上映されることが分かり、俄然、トロント映画祭に対する興味が湧いてきました。そういえば夏休みもまだ取っておらず、ふとカレンダーを見ると日本のシルバー・ウィークを利用すればトロント映画祭最後の数日間には間に合うスケジュール。飛んで行くことにしました。

トロントは東京と似て高層ビルがそびえ立つ大都会で、空港からホテルまで「映画祭」雰囲気を一切感じることがなく若干不安になりましたが、会場周辺に近付くと映画祭ロゴ「tiff」が溢れていてほっとしました。到着したその夜に『ラ・ラ・ランド』、翌日には『ムーンライト』、その直後に『ノクターナル・アニマルズ』を鑑賞し、アカデミー賞レース開幕戦を堪能、翌年のアカデミー賞に至るまでの道のりを、自分の立ち位置をしっかり持って、客観的に眺めることができました。何よりインディーズ作品であった『ムーンライト』が米国で限られた大都市から公開を始め、徐々に熱量が広がって行く輪の中に入った気分で読むことができたのは、冬の間心が温かくなる瞬間が多くあり映画に感謝する気持ちでした。映画祭での体験は「現地レポート」(*6)として奥渋谷のミニシアター、アップリンクのウェブマガジンに掲載して頂きましたのでそちらもご参照頂ければ幸いです。

トロント映画祭の一番の醍醐味は、アカデミー賞レースの号砲として、英語圏の著名な監督や俳優陣が「これでもか!」という量で迫ってくる点だと思います。NYからも飛行機で1時間半という距離であることも大きいでしょう。レッドカーペットも街中にあり、スターの姿を垣間見ることも充分可能です。

一方、1月のサンダンス映画祭と比べると、正直、映画祭ならではの映画体験としては物足りなさを感じました。それは訪問したのが映画祭最後だったため、映画関係者が既に映画祭を離れており質疑応答が全くなかったこと。9月は北半球を中心に至る所で映画祭が続くので皆様お忙しいのかもしれませんが、サンダンスであれば例え最終日でも監督あるいはプロデューサー、どなたかお一人は残っていて下さるので、ついつい比べてしまいました。特に開催地が大都市、且つ主な作品もアカデミー賞狙いとなると、普段の上映より時期が早いだけだけ、ということに。サンダンスに溢れる「道行く人々すべて映画祭に参加している一体感」を感じることはなく、来場者との会話も格段に少なかったのが残念な結果でした。反対に、ロッキー山脈中腹で街を挙げて開催されるテルライド映画祭への興味が募る結果となりました。テルライド映画祭は今でも私の中で「訪問してみたい映画祭」第1位に君臨しています。(つづく)

In August 2016, As I wrote an article about Seymour: the Introduction (*1) (*2) and the followed its path premiered into the world, I discovered the Telluride Film Festival. Telluride Film Festival is held during the Labor day weekend at Telluride, at altitude of 2,700m in the middle of Rocky mountains in Colorado. Its program is kept secret until the first day. I was astonished by the fact that seven Oscar best pictures winner during the last eight years were world or North America premiered at Telluride. In addition, a lost of celebrities of the industry seems visit the mountain. I see the flow of movie people from Venice (Italy) to Telluride then to Toronto (Canada).

September has come. I was tracking reviews from Telluride Film Festival and met a film with unusually enthusiastic reviews. The film was Moonlight (*3) , the best picture at Oscar held in March of following year. Moonlight seemed surrounded by kind of warmth from family members rather than praises by professional film critics. However, although I tried to look up more details about Moonlight, I found little. The director, Barry Jenkins, previously made only one feature film eight years ago. Naomi Harris was the only cast I have seen in other films. I felt irritated because I could not understand where the warmth surrounding Moonlight came from. Through my research I found that Moonlight will be shown at Toronto Film Festival in addition to La La Land (*4) and Nocturnal Animals (*5) . Toronto attracted me more and more. It was possible for me to attend the last three days of festival. I decided to fly to Toronto to meet films.

Toronto was similar to Tokyo, a metropolitan with skyscrapers. There was no sign nor atmosphere of film festival on my way from the airport to hotel. This made me worried but when I finally arrived at the screening location, the sign of tiff was everywhere. The first film I saw was La La Land. Next day I saw Moonlight, Nocturnal Animals and others. I truly enjoyed the starting race of award season. It was fun to have my own opinion about films in the turbulence of Oscar prediction. In addition, it was such a heart warming to witness Moonlight, an independent movie, was shown more and more movie theaters with historic record. For more details of my Toronto experience, please refer to my report (*6) at Webdice, a web magazine run by Uplink, a movie theater in Shibuya.

The best part of Toronto Film Festival is the high attendance of actors and directors from English spoken countries. Maybe it’s because of the location as just 90 minutes flight from New York. It’s very possible to meet these celebrities because the red carpet was created in the middle of city center.

However, honestly, I felt less inclusion and empowerment as special experience at film festival, especially compared with Sundance Film Festival that I attended in January. Since I visited Toronto for the last three days of festival, no crew was there for Q&A at screening. I understand that film industry people are very busy in September with other festivals but I could not stop comparing with Sundance where at least one member, mostly director or producer, stays until the last screening to interact with audience. Toronto has disadvantage of unique experience because since it’s at a big city and its program contains many Oscar candidates, if there was no interaction with crew, the screening is just the same with normal theater going, just months earlier. I missed Sundance’s enormous inclusion that everyone in the town is there for films therefore many conversations between attendees emerge. As consequence, I’m much more interested in Telluride where the film festival is held as whole town event in the middle of Rocky Mountains. Telluride has been the top film festival I want to visit. (To be continued.)

information

(*1)
『シーモアさんと、大人のための人生入門』
(2014年、米国)

監督:イーサン・ホーク
出演:シーモア・バーンスタイン

Seymour: An Introduction 
(2014, US)

Director: Ethan Hawke
Cast: Seymour Bernstein

(*2)
「イーサン・ホークが「人生のメンター」を
必要としていた中で出会ったピアノ教師とは?」

2016年9月30日

A pianist who guided Ethan Hawke about life as a mentor
http://www.webdice.jp/dice/detail/5258/

(*3)
『ムーンライト』(2016年、米国)
監督:バリー・ジェンキンス
出演:マハーシャラ・アリ、トレヴァンテ・ローズ、ナオミ・ハリス、他

Moonlight (2016, US)
Director: Barry Jenkins
Cast: Mahershala Ali, Trevante Rhodes, Naomie Harris and others

(*4)
『ラ・ラ・ランド』(2016年、米国)
監督:デイミアン・チャゼル
出演:エマ・ストーン、ライアン・ゴズリング、他

La La Land (2016, US)
Director: Damien Chazelle
Cast: Emma Stone, Ryan Gosling and others

(*5)
『ノクターナル・アニマルズ』
(2016年、米国)

監督:トム・フォード
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、他

Nocturnal Animals
(2016, US)

Director: Tom Ford
Cast: Amy Adams, Jake Gyllenhaal, Michael Shannon and others

(*6)

「上映作品数348本、セレブや新鋭までが集い巨大化する
トロント国際映画祭レポート」

2016年10月24日

Toronto International Film Festival report by moonbow cinema
http://www.webdice.jp/dice/detail/5274/

text & photo

維倉みづき

移動式映画館『moonbow cinema』主宰

Mizuki Ikura

Founder, moonbow cinema