心残り

 

秋、新宿武蔵野館で『きみの鳥はうたえる』を観た時、すでに函館行きの手配を済ませていたので、ガイドブックを読むような気分で、彼らがどこで食事してどこで遊んでいるのか、店の名前をチェックしたりした。冒頭、佐知子が「いつもどのへんで飲んでるの?」と尋ねるセリフがあり、「僕」が「杉の子とか…」と答えたのを聞き逃さなかった。

 

その後、『きみの鳥はうたえる』を函館シネマアイリスで観たという札幌在住の友人に会ったので、おすすめの場所を聞いてみたら、即座に「杉の子」と教えてくれたので、これはもう行かねばならぬの筆頭!とgoogle mapにしっかり星をつけ楽しみにしていたのだが、

 

 

宿からも徒歩圏内で、どんな雪道でもたどり着ける…と向かってみたらなんと!冬季休業中だった。2/5から再開と書かれており、ちょうど2/5は朝、函館から札幌に移動する日だった。なんというタイミングのすれ違い。

 

旅行中、いかに効率よく行きたいところをを制覇するかを考えるの、わりと得意なほうだけれど、必ずこういった心残りが生まれもして、だからまた旅に出るんだなぁ。東京に戻ってすぐ、次は夏の函館に行かなければと思ったのは、「杉の子」に行ってみたいから。「海炭市叙景」の名前のついたカクテルを飲む予定。

 

http://www5d.biglobe.ne.jp/~suginoko/