猫が行方不明、つれづれ

 

昨日更新した、いこさん連載第4回「猫が行方不明」、

 

https://cinemastudio28.tokyo/happyhourfromkyoto_004

 

この京菓子、絶対好きな味だな、次の京都で買おうっと。と思っていたら、京都から便りが。撮影に使ったものを送ってくださいました。素早く夢が叶った!

 

テキストにある通り、ふわーんむにゅーん食感で、味はシナモンが効いていてエキゾチック。ちょっと異国の香りがして、こんなお菓子が京都の老舗にあるんだなぁ、と驚き。なんだこれ!って確かめつつ、ぺろっと何個も食べられそう。

 

 

 

「猫が行方不明」、映画はなかなか上映されないし、レンタルでもほとんど出回っていない?ので、久しく観ていない。観る方法がわからないので、シナリオ採録されたパンフレットを探して購入。引越しのシーンはなんとなく覚えていて、マットレスの箇所が記憶から抜け落ちていたけれど、運ぶシーン、ばっちり写真があった!これが噂のマットレス感!お菓子の表現ボキャブラリー、美味しい、きれい、サクサク、モチモチなどに「マットレスっぽい」が追加されました。

 

 

シナリオは、どの場面で何の音楽が流れているかもばっちり書かれていて、さすがにシナリオからは音は鳴らないから、映画観たいなぁ…と思っていたら、最近出入りしてる宇宙のデパートメントストアで格安でサントラを発見。日本版が作られなかったのかフランスのCDで、日本のサントラにありがちな、しがらみにより肝心なあの曲が入ってない、なんて悲しい事案も発生せず、気前よくあの曲もあの曲も入ってた!PCに取り込んで、物質(CD)は京都に送る。で、最近、毎日聴いてる。あの映画に登場する多様な人々のバックグラウンドのように、ジャンルごちゃまぜの楽しさがあって飽きない。

 

 

 

trailerに流れてるのオープニング曲だと思うけれど、このFood for Loveが、私は「猫が行方不明」の曲!ってテンション上がって好きだな。この動画はPV…?違うのかな。

 

 

 

いこさんブログにさらに「猫が行方不明」のレビューがあるので是非ご一読ください。

 

http://iqc195.blogspot.jp/2017/09/blog-post_92.html?m=0

 

最後にパリの住人の視点からテキストに意見をくれた、パリ在住の親友たまちゃん(生まれ育ちが京都で元バスティーユの住人って、今回のテキストに意見もらうのに最適!)、お世話になりました、ありがとう!