不安定な女を見守るシリーズ

 

愛用中の万年筆、Pilot Kakunoに透明軸が出た!Kakunoは子供用の初めての万年筆という位置付けの商品でもあるので、万年筆にはペン先の向きってものがあるよ、と教えるため表側に顔が書いてある。左がグレー軸(にっこり)、右が透明軸(てへぺろ)。こういうの考える会議、楽しそう、参加したい。

 

春に観た「ジャッキー」をもう一度観たくて、早稲田松竹でかかるって把握しているけれど、併映の「スノーデン」に興味が湧かない。実在の人物シリーズか。他にもっと「ジャッキー」と魅力的なもう1本の組み合わせないかしら?って探してみるけれど、今のところ見つからない。代わりにギンレイホールで「台北ストーリー」と「タレンタイム」の2本立てという豪華な番組を発見。9月。

 

「ジャッキー」、この上なくシンプルで潔いタイトルだけれど、そのシンプルさと、ナタリー・ポートマンのいかにもなジャッキー・ルックが、ああ、あのジャッキーね?知ってるわ。いまさら観る必要ない。って観客を遠ざけているのか、私の周りでもあまり観た人がいないけれど、あの時期シャンテで公開されていた「お嬢さん」「ムーンライト」と並べても、私は「ジャッキー」が特に好きだった。

 

ある映画を説明するのに、別の映画の名前を引っ張り出してくることは、なるべくしたくないけれど、観ている間のハラハラした不安定な気持ちは、カサヴェテス「オープニング・ナイト」に通じるものがあった…と言ったら、え?そうなの?スルーしてた、それなら観てみたい!と反応した人がいたので、ここにメモしておく。それからアニエス・ヴァルダ「5時から9時までのクレオ」のニュアンスもあったし、吉田喜重「告白的女優論」も、ちらっと思い出した。どれも観客が不安定な女をハラハラ見守ることを強いられることで共通しており、「ジャッキー」はその系譜上の最新作で、とても美しい映画です。

 

http://jackie-movie.jp

 

↑ この公式サイトも、スマホ最適で作ったものを、PCで見ると間延びしてただ引き延ばされるだけの粗いつくり、宣伝にもお金かかってないね…。

【about】

Mariko
Owner of Cinema Studio 28 Tokyo
・old blog
・memorandom

【archives】

【recent 28 posts】