台北 / 明星珈琲館

 

memorandom.tokyoの連載第2回(こちら)で書いた、台北のロシア料理屋は「明星珈琲館」。

 

映画祭で映画を観る前に、ちゃんとした珈琲を飲みたくなり、付近で調べてみたら「蜂大珈琲」という素晴らしい老舗にたどり着いた。それで気を良くした私は、台北に中華圏や日本以外の文化が紹介され始めた頃のお店が残っているなら行ってみたいな、とgoogleで「台北 老店(=老舗)」などで検索し、見つけたのが「明星珈琲館」。

 

 

1949年創業のロシア料理屋兼カフェ。後で知ったことに、文人サロンのような位置づけの店で、映画人たちのゆかりの場所でもあるらしい。「台北ストーリー」のパンフレットに、主演の侯孝賢と共同脚本の朱天文の対談が載っており、それによると彼らがエドワード・ヤンと出会った頃、

 

「私たちは、よく”明星珈琲館”というカフェでいろんな映画の話や企画の話をしました。そして、ヤンさんの家で多くの外国映画を観ました」

 

と、朱天文が語っている。instagramで明星珈琲館のジオタグを辿ると、若い映画監督と一緒に来たらしいクリストファー・ドイル(王家衛映画の撮影でおなじみの!@dukefeng52) の写真もあった。

 

No dogs allowed @dukefeng52

🌊jenny suen 白海🌊さん(@xiaohaixiao)がシェアした投稿 –

 

 

3階建てでお昼時に行くと、2階は昼食をとる人でほぼ満席。お茶したいだけ、と伝えると3階に案内され、ガラガラだった。

 

 

ロシアからまずたどり着いた上海に「明星珈琲館」があった頃の写真。

 

 

1階はケーキ&パン屋。いかにもレトロなバタークリームのケーキが並び、パッケージも素敵。月餅も1個から買え、お土産&自分用に買ってみたら、オーソドックスな味で美味しかった。ロシアン・マシュマロも売られている。

 

 

住所はこちら。カードに「記者会」「読書会」「講座」と書かれているのが文人サロンっぽい。台北駅〜西門の間。台北映画祭の会場である中山堂からも近く、次に行ったら食事をしたいと思っています。台北にまで来てロシア料理?と思わなくもないけれど、映画にまつわる場所としてもおすすめです。