Nancy Tuckerman Style

 

目下の悩みは、着るものがないこと。モノをたくさん所有するのが苦手なので、ごく少数の服を着回し、傷んできたら潔く手放すのが好きだけれど、ことごとく傷んできて、クローゼットがスカスカなんである。買い物を億劫がるほうなので、ファッションは好きだけれど、洋服を買いに行くのは面倒…。

 

映画はいつだってファッションの教科書(写真と違って動いてるから後ろ姿も横のシルエットも見えるし、みんながみんなニコール・キッドマンのような体型でもないから、この体型のこのキャラには、こういうファッションよね、と納得度も高い)だけれど、昨年観た中で、自分でも着てみたいなと思った選手権第1位は、「ジャッキー」の、ジャッキーを演じたナタリー・ポートマン…ではなく、ジャッキーの秘書を演じたグレタ・ガーウィグのファッションだった。

http://jackie-movie.jp/

 

実話を元にした映画だから、秘書ももちろん実在の女性で、ナンシー・タッカーマンという、ジャッキーの秘書かつ、結婚式ではブライドメイドをつとめたという親友。ジャッキーと距離は近いけれど、ベタベタしたところのない凛とした印象の女性で、画面に映るとグレタ演じるナンシー・タッカーマンばかり目で追ってしまった。

 

ジャッキーはシャネルの衣装提供も受け、ジャッキーらしいスタイルが映画でも再現されていたけれど、華やかなジャッキーより、秘書として黒子に徹したナンシー・タッカーマン・スタイル、単に私の好みではあるけれど、仕事の時にもふさわしい、動きやすそうで、きちんと見えるファッションで素敵だった。ウェストに共布ベルトのあるグレーのタイトフィットのワンピース、ニットとスカート…。2018年春はあんな服を着てみたい。

 

こちらに少し写真あり

http://realsound.jp/movie/2017/03/post-4244.html

 

現実のナンシー・タッカーマン女史も素敵。研究研究。

https://en.wikipedia.org/wiki/Nancy_Tuckerman

 


 

memo: 昨日、日記をお休みした分もさっき書きました。外で、美味しい和食を食べてたせいです。お刺身、美味しかったな。