さとみ

 

「アンナチュラル」、清々しい最終回で大満足。続編に期待。徹頭徹尾ルビッチばりの省略が効いていて、殺人の自白があっても、どんな量刑が課せられたのかは省くのね。このドラマはそれを描くものではないと。キャラクターでは木林さんが断然好きだった。

 

私が観ようと思った理由は脚本家と、石原さとみが主演であること。放送終了直後、LINEの石原さとみ公式アカウント(登録してる♡)から動画が届いた。「アンナチュラル」の放映中、感想をたくさんいただき、あれどうなるの?とか、あのシーン良かったよ、とか、見た目じゃなく物語に入り込んで感想をいただけることが本当に嬉しかったと語っていた。石原さとみについてこれまで印象的だったのは、手帳に、化粧品のキャンペーンガールになるとか、月9で主演するなど、目標を書き込んでいて、振り返ってみればそれが全部叶っていると語っていたこと。完全に行動が仕事のできるビジネスパーソンのそれである。動画を観ながら、手帳に書いたんだろうな、と思った。どんな役を演じても「石原さとみ、可愛い♡」の感想ばかり溢れるドラマじゃなく、役名で感想が溢れるようなドラマに出たい、って。

 

「シン・ゴジラ」でのカヨコ・パターソンも好きだった。あんな女は現実には存在しない(失笑)的な感想が周りからもたくさんあったけれど、映画はフィクションなのだから、現実に存在しそうな人ばかり登場しても面白くないでしょう?と聞き流した。公開時に読んだWWDのインタビューが、カヨコ・パターソンの役作りについて詳細に語っていて面白い。カヨコのような女性が着そうなファッションを研究し、ミリ単位で洋服を作ってもらって、それを着るために節制したとか。

 

https://www.wwdjapan.com/308158

 

このインタビュー、連ドラで自身が着る洋服が売れることについて、「そんなに高くないものだからだと思います」「その世代が好きな洋服は何って何だろうといつも考えながら選んでるので、刺さって嬉しいなと思います」って冷静に答えてるのもいい。可愛いだけの女優じゃないの。だから私はさとみが好きなんである。