Cinema memo :ラッシュ

 

初夏のホン・サンス、公開日が発表された。公開ラッシュ。慌ただしい。

 

6/9 『それから』

6/16   『夜の浜辺でひとり』

6/30   『正しい日 間違えた日』

7/14    『クレアのカメラ』

 

2018年初夏の土曜はホン・サンス。でも、ホン・サンスとロメールは軽やかだから、1日映画館に篭って立て続けに3〜4本でも平気で観られるのよね。

 

『正しい日 間違えた日』は東京国際映画祭では『今は正しくあの時は間違い』と言うタイトルだった。『今は正しく…』のほうが好きだけれど。ホン・サンスとキム・ミニ出会いの1本。公開される4本はすべてキム・ミニ映画でもあるけれど、この合間にキム・ミニ以外の女優主演で『あなた自身とあなたのこと(Yourself and yours)』という映画も存在する。東京国際映画祭で観て、もう一度観たいけれど、公開されないのかな。ホン・サンス映画の大半は男性に都合が良い展開で、楽しみつつも、ケッと思うことも多いけれど(友達は夫婦で観に行って、隣で旦那さんがクスクス笑ってる気配を感じただけで、イラッとしたらしい)、『あなた自身とあなたのこと』は、女という迷宮に男がメロメロ翻弄される映画だった記憶があって、観終わった後、ホン・サンスはきっと人生が揺らいじゃうような恋をしている(知らんけど)!と思ったものよ。

 

『夜の浜辺でひとり』は台北で観て、キム・ミニという女優が大好きになった。ホン・サンスかつキム・ミニ無双、楽しみ。

 


 

週末読んだこの対談、今年に入ってから読んだ中でもっとも腑に落ちるものがあった。「そもそも青木さんって、北欧には興味があるんですか?そんなにないんですか?」って、みんな薄々感じていながら、誰も聞かなかったであろうことをスパッと最初に聞いているのもいい。

 

前篇

https://kurashicom.jp/3038

 

後篇

https://kurashicom.jp/3059

 

1 / 11

【about】

Mariko
Owner of Cinema Studio 28 Tokyo
・old blog
・memorandom

【archives】

【recent 28 posts】