ブレードランナー

 

ずいぶん前に観た映画の鑑賞メモ。早稲田松竹で、ブレードランナー新旧2本立て。続けて観ると2017年の『ブレードランナー2049』は、1982年の『ブレードランナー』あってこそだな、と納得するので、2本立てに感謝。

 

http://www.wasedashochiku.co.jp/lineup/2018/bladerunner.html

 

80年代の映画、世代的に私はほとんど観ておらず、『ブレードランナー』も初見だった。それなりに古いSFを観る時の「ちょっと前の世界が想像した、近未来」のくすぐったい感じや、80年代の映画特有の、こんなんが流行ってたなんて、なんてクレイジーな時代だったのか!感(日本の80年代トレンディ映画群にありがち)に溢れた映画なのかな…と身構えていたら、どちらも微塵もなく、今年の新作です、と言われても信じてしまいそうなタイムレスさだった。

 

どうして?と考えたのだけれど、ハリソン・フォードの髪型やファッション、いつの時代もこんな男の人はいるよなぁ…と思うベーシックなものだったからかもしれない。レプリカントたちはめいめいに好きなファッションだったけれど、今観ても違和感がなかったのは、昨今80年代がリバイバルしているせいだろうか。

 

人間が創ったレプリカントが、人間の想定した以上の思考を持ち始め、人間がそれに振り回される…やや最近の『エクス・マキナ』にも共通するところがあって、1982年から30年以上経過し技術は映画の世界に近づいたけれど、物語る想像力、妄想のテーマはあまり変わってないのかも、と思った。

 

ショーン・ヤングって女優、知らなかったわ。めっちゃ綺麗!とwikiで調べてみたら、なかなかの人物だった。人生いろいろ。