睡著也好醒來也罷

 

去年、台北電影節(台北映画祭)に行ってから、ちょうど1年経ったらしく今年も台北電影節が開幕していた。

 

そして濱口竜介監督『寝ても覚めても』のアジア・プレミアがあったらしい。台北の人々、いいなぁ!カンヌのコンペではAsako I & IIのタイトルだったけれど、台北映画祭では『睡著也好醒來也罷 』と、『寝ても覚めても』のニュアンスが中国語でも採用されていた。

 

http://www.taipeiff.taipei/FilmCT.aspx?id=193#

 

そして映画祭のサイトを観ていると「国際新導演競賽」という新人監督のコンペティション、濱口監督が審査員として参加しているらしい。

http://www.taipeiff.taipei/intc-jury.aspx

 

去年、台北映画祭に行ってみた旅行記はリレー連載「Cinema on the planet」で書きました。台北、国内旅行感覚できっとまたすぐに行くだろう!と思っていたけれど、気がつけば1年経っていた。

 

メイン会場「中山堂」で侯孝賢を観た日のこと

http://cinemastudio28.tokyo/cinemaontheplanet_007_part1

映画にまつわる場所を求めて台北を彷徨った記録

http://cinemastudio28.tokyo/cinemaontheplanet_007_part2

 

 

1 / 11

【about】

Mariko
Owner of Cinema Studio 28 Tokyo
・old blog
・memorandom

【archives】

【recent 28 posts】