データ班

 

そのトピックについて話題にすることがないから、案外知らなかったその人の側面、というのは誰にでもあることで、私の場合まるで知られていないのは野球好き、という点だと思う。

 

母(高校の先生)が野球好きで、文化系部活の受け持ち(華道部とか書道部とか)のくせに己の趣味全開にして何故か野球部に深入りし、県大会の予選から球場に応援に行く人だったので、小さい頃からしょっちゅう球場に連れられて行った私も自然に野球好きになり、物心つくと友人と誘い合わせて高校野球の応援に甲子園にも行き、夏休みにふと「スコアのつけ方」的な実用書を買って習得しスコアをつけながら観戦していた時期もあった。親の影響は恐ろしい。

 

第100回大会の今年、猛暑ゆえ日中は家にいる時間が長いせいか、高校野球観戦する時間が増え、やっぱり面白いなぁ!と思う。タイミングがあえば、かつて甲子園に通った友人と遠隔でチャット実況しながら観ておる。準々決勝の土曜、どの試合も見応えがあり、冷蔵庫に何もないのにテレビ(スクリーン)の前を動けなくて困った。試合と試合の合間に八百屋に走って行き、走ってまたテレビの前に戻った。

 

大阪桐蔭の監督のインタビューで「データ班が相手チームのデータをしっかり集めてくれたおかげで勝てた」と、データ班が、データ班が、と何度も繰り返したので、もちろん映画『マネーボール』を思い出した。

 

 

とても熱中して観た映画で、まさにデータ班大活躍物語だけれど、データを分析し尽くして勝ち上がった先のほろ苦さにこそ野球の旨味がギュッと詰まっていた記憶があり、第100回大会が終わった頃、じっくり再見したい。ブラッド・ピット映画の中でも特に好きなのだけれど、ブラピというより映画というより、単に野球が好きなだけというのが理由だと思う。野球>ブラピ。

 

*これを書いている翌日が決勝。まさに映画のような好対照な対戦、もちろん仕事でリアルタイムで観戦できないけれど、ほんま、仕事してる場合ちゃうわ!