RIVER

 

空気は冷たいけれど、光に春が混じりはじめている。など思いながら皇居のお濠あたりを歩いていると、イヤフォンからtofubeats『RIVER』が流れてきた。

 

Spotifyによると2018年、私がよく聴いた曲ランキング第3位は『RIVER』らしいけれど、映画『寝ても覚めても』の主題歌に決まった、と公開前に情報が流れてきた後、映画を楽しみに確かに何度も聴いたけれど、映画を観てからはあまり聴いていない。

 

『寝ても覚めても』の本編が終わり暗転した後、すぐに『RIVER』が流れてくると、私による私のための私だけの余韻に私の気の済むまで浸っていたいのに、隣にいるシュッとしたメガネ男子(架空)が観たばかりの映画の主旨・戦略・要点・自論を理路整然と語り始めてしまって興ざめするような、ちょっと黙っててくれないかなぁって気分になりませんか。って誰に話しかけてるのかわからないけれど、私は少しそんな気分になった。

 

こちらのインタビューを教えてもらって読んでみたところ、

https://www.pola.co.jp/we/digital/tofubeats01/

 

ああ、「国語の問題は文章の中に絶対答えが書いてあるねんから、絶対100点とれるんや」思想で作られた主題歌に、「それはあなたの答えであって、私のではない」って抵抗したくなるよね、と少し腑に落ちた。

 

しかし年明けにテアトル新宿で3度目の『寝ても覚めても』を観ると、これまでより『RIVER』への抵抗が薄れていたのは、それまでヒロイン・朝子さんの気持ちで観ていたけれど、3度目ともなると俯瞰で物語を捉えるようになって、朝子の行動も周囲の反応も、♪きっと目に映るすべてのことはメッセージ〜♪って思えたからかもしれない。同じ映画を何度観るのは楽しいこと。自分も変化するから。

 

http://netemosametemo.jp/