泳ぎすぎた夜

 

土曜午後は、イメージフォーラムでダミアン・マニヴェル&五十嵐耕平監督『泳ぎすぎた夜』初日へ。連日のダミアン・マニヴェル!

 

http://oyogisugitayoru.com/

 

映画はすでに昨秋、フィルメックスで鑑賞しており(こちらに書きました)、ひどく疲れていたので途中でうつらうつらしたけれど、目が覚めるとスクリーンの中でも少年がぐっすり眠っており、不思議と贅沢な体験をした気分を味わった。考えてみれば、つまらない映画の時は粗を探すように却って目が冴え、好きな映画ほど眠ってしまうように思う。トリュフォー観ながら眠るの、すごく素敵なのでオススメです。

 

映画の後半部分、主人公がずっと眠っている、まさかの映画だけれど(そんな映画ってあるかしら)、雄弁に動いていた少年が動きを止め、家族が昼間の少年の足跡を辿るように、ジャンパーのポケットからみかんの皮を発見したり、絵を冷蔵庫にとめたりするささやかな場面が好きだった。一家が暮らす家の間取りがユニークで、思い返してみると4人の家族+犬が一堂に会する場面はひとつもないのね。時間的にも、場所的にもすれ違っている。

 

途中眠ってしまった分も、公開中に改めて観に行こうと思っている。小さな絵本をぎゅっと抱きしめるような映画の時間。

1 / 11

【about】

Mariko
Owner of Cinema Studio 28 Tokyo
・old blog
・memorandom

【archives】

【recent 28 posts】